ゴムジョイント成形金型

現状問題:離型不良による変形や割れ・キズ等により歩留まりが悪い。

【NAP処理による改善効果】  ゴムジョイント成形金型には,Ra300 nmのナノ凹凸形成用メディアを使用しました。NAP処理を行うことで,離型不良による変形等がなくなり,歩留まりが大幅に改善したと報告がありました。NAP処理は出入り3日以内で行え,従来の離型コーティング処理の納期2~3週間に比べて金型納期を10日以上短縮でき,量産が大幅に早くなったと報告がありました。

図1 シボ面と通常面を未処理状態とNAP処理後の比較画像

ページ上部へ戻る