NAP処理の用途実績

NAP処理は現在様々な分野に応用しております。

以下では,現在,活用されているもののうちの一部をご紹介しておりますが,今後さらなる応用分野が期待されております。

1.射出成形関連

金型にNAP処理を施すことで,離型時の抜き抵抗によるスレキズが発生するという問題点を改善することやエッジダレによるバリの減少,歩留まりの改善に評価いただいております。

2.ダイカスト成形の3D放電加工金型

ダイカスト成型の3D放電加工金型は形状が複雑である場合が多く,磨き作業はムラが生じやすく,歩留まりが悪いという問題点が生じておりましたが,NAP処理を施すことで,離型剤の塗布が容易になり,歩留まりの改善ができたばかりでなく,金型納期を短縮できたとの報告も受けております。

3.押出成形ダイス

押出成形ダイスはスリット内の磨き作業の困難さがありましたが,NAP処理によりスリット内面相度をRa300㎚程度まで上げることができます。※最近では,最小スリット幅0.2mmのダイス(加工時Ra700㎚)をNAP処理でRa200㎚にしております。

4.ゴムジョイント成形金型

従来より離型不良による変形や割れ・キズ等による歩留まりの悪さの存在したゴムジョイント成型金型について,NAP処理を施すことにより,歩留まりを大幅に改善したとの報告がありました。

5.刃物関係

工業用刃物はいずれも寿命が短く,交換のたびにラインストップを行う必要がありました。刃物にNAP処理を施すことにより,刃物の寿命が大幅に伸びるとの報告があります。

ページ上部へ戻る