ピックアップ

  • NAP処理について

    NAP処理とは、一般的なショットブラスト理論を抜本改革した特殊なメディア(投射材)の開発と、吹付圧の調整により、金属素材、非金属素材の表面に均一なナノ凹凸を形成する加工技術です。

  • NAP処理の用途実績

    NAP処理は,射出成型金型,ダイカスト成型の3D放電加工金型,押出成形ダイス,ゴムジョイント金型などの金型のほか,刃物の磨きなど様々な分野において応用されております。

  • 会社概要

    代表取締役社長山下和之は,ものづくりのため,無数0を有数1にすることを目的に研究開発に取り組んで来ました。しかし,特許単独技術では解決できない課題を感じ,金属素材非金属素材組成技術を習得し,弊社を設立いたしました。

  • NAP処理による親水性,親油性付与の効果

    NAP処理により金属,非金属表面に親水性及び親油性を施すことは,各種分野において課題解決の礎となる技術となります。

  • 刃物関係

    NAP処理を刃物表面に施すことにより,刃物の寿命を大幅に伸ばすことに成功いたしました。

  • ダイカスト成形の3D放電加工金型

    ダイカスト成形の3D放電加工金型にNAP処理を施すことで,磨きムラによる歩留まりを改善いたしました。

プレスリリース

ページ上部へ戻る